デコレーションケーキのコツとポイント

デコレーションケーキのコツとポイント
デコレーションケーキのコツとポイント

こんなときどうすればよいの?デコレーションケーキ作りで失敗しがちなポイントと成功に導くコツをシーン別にご紹介。
手作りはじめてさんは予習に、上級者さんはおさらいに。

コツとポイントをおさえて作れば、見た目も味わいもワンランクアップ!お店みたいなケーキを目指しましょう!

スポンジが膨らまない、固い

原因として最も多いのは泡立て不足!生地を湯せんで温めることも省いてはいけません。
人肌の温度になった生地を、白っぽくもったりと、リボン状にひらひらと落ちるまでしっかり泡立てましょう。

生地を湯せんで温める
しっかり泡立てる

泡立ての見極めを動画でチェック

生クリームがボソボソ、モロモロに

デコレーションがやりやすいのは「脂肪分42〜45%くらい」の生クリーム。
脂肪分が高いと泡立ちは早いがボソボソしやすく、低いとなかなか泡立たないので、ちょうどいい脂肪分のものを選ぶことが大切です。
また、冷やしながら作業するのもポイント!
温度が上がってしまうと、きめ細かでなめらかなクリームに仕上がりません。
生クリームは使う直前まで冷蔵庫に入れておき、氷水を入れたボウルに当てながら泡立てます。

冷やしながら泡立てる

おすすめアイテム

ちょうどいい脂肪分45%

中沢生クリーム45% 200ml

原料は北海道の生乳のみ、添加物は不使用!コクとまろやかな舌ざわりが特徴の生クリーム。

生クリームがきれいに塗れない

お店のような仕上がりを目指すには、「回転台」と「パレットナイフ」がマスト!
また、下塗りをしておくことでスポンジくずが表面に出にくく、つるっと仕上げやすくなります。

下塗りで仕上げやすく
回転台とパレットナイフ

デコレーション用生クリームのかたさを動画でチェック

ナッペのコツを動画でチェック

生クリームがうまく絞れない

絞り袋の中に空気を入れずにクリームで満たし、口金付近ではなく、後ろのほうから押し出すように力を入れていくのがポイント。

口金別基本の絞り方を動画でチェック

〜星口金編〜

〜丸口金編〜

〜サントノーレ編〜

おすすめアイテム

プロ仕様

プロ仕様絞り袋クリーンポッシュM10枚

手になじむやわらかさ、ちょうどいい大きさで扱いやすい!

ちょうどいいサイズで本格的

cuocaおすすめ!口金5個セット

よく使われる基本の形をセレクト!

スポンジをまっすぐ切れない

刃渡りが長く、切れ味の良いナイフとガイドを使えば、らくらくキレイにカットできます。

長いナイフで大きく動かして切ると崩れにくい
ガイドを使えばまっすぐ均一な厚みに

おすすめアイテム

プロ愛用の本格派

VICTORINOXウェーブナイフ(レッド)36cm

スポンジケーキやパンのカットはおまかせ

適度な重さで滑らず快適

cuocaオリジナルアルミルーラー10mm

スポンジ生地を10mmちょうどの厚さにスライスすることができます

フルーツや飾りの並べ方がわからない

バランスよく見せるコツは、クリームを絞る大きさを均一に、イチゴもなるべく同じ大きさのものをそろえること。
オーナメントは、正面の場所を決めて奥に向かって高さを出していきましょう。

対角線を意識しながらクリームをバランスよく絞る。

クリームの内側にイチゴをバランスよく並べる。

正面に向かって、

  • A:背の高いオーナメント
  • B:背の低いオーナメント
  • C:チョコプレート

と並ぶように配置する。

隙間が気になるときはブルーベリーやカットしたイチゴで埋める。

おすすめアイテム

艶だしに最適

ナパージュ(透明)160g

塗るだけで仕上がりランクアップ!ツヤツヤキラキラ、フルーツがおいしそうに見えます。