生キャラメル

パン

難易度
1

身も心もとろける口どけ!
おうちで絶品生キャラメルを作ろう!

とろ?り、なめらかな食感で大人気の生キャラメルをおうちで作ってみませんか。
おうちでおいしく簡単にできることを考え抜いたクオカレシピなら、失敗知らずで極上生キャラメルが味わえます! 生キャラメルを、手づくりして好きなだけ食べちゃいましょう!

生キャラメル

塩キャラメル

印刷用レシピ

工程

生キャラメルをつくる

生キャラメル1_1

1 Aをごく弱火にかけグラニュー糖が溶けるまでゴムベらでよく混ぜる。

ここでは沸かさないように注意

生キャラメル1_1

2 BとCを1に加える

生キャラメルは焦げやすい!
15分程でとろりとした状態になってきたら、さらに注意して、常に鍋底を触るつもりでゆっくりと混ぜましょう。

生キャラメル1_1

3 焦げつかないようにゴムべらでよく混ぜながら、25?30分煮つめる。

生キャラメル1_1

4 混ぜた時に、一瞬鍋の底が見えるくらいの固さになったら火からおろす。(目安温度は115℃)

生キャラメルのポイントは
「固さ」

温度計がない場合は、氷水の入ったボウルを底にあてたボウルにキャラメルを落とし好みの固さに固まれば煮つめ完了。

生キャラメル1_1

5 4をベーキングペーパーを敷いた型に流す。 

ミルクジャム
生キャラメルをゆるめにつくるとミルクジャムになります。

生キャラメル1_1

6 あら熱がとれたら、冷凍庫で1時間程冷やし固める。

分割し、包む

生キャラメル1_1

1 完全に固まったら型から取り出し、あたためたナイフでカットする。

カットしているうちに、やわらかくなってしまったらもう一度冷凍庫にいれて、様子を見ながらカットしてください。

生キャラメル1_1

2 キャラメル用セロハン(またはキャラメルグラシン)で包装する。

生キャラメル1_1

3 できあがり

保存・持ち歩く時の注意
保存する時は冷蔵庫で、長時間の持ち歩きは保冷剤を一緒に入れることをおすすめします。

トップに戻る

塩キャラメル

生クリーム・牛乳は乳脂肪分の高いものを使うこと
とろ~り濃厚なのが、生キャラメルの魅力!その魅力を最大限に引き出すには、乳製品の脂肪分がポイント。特に生クリームは、動物性で乳脂肪分の高いものを使って。なめらかさが違います!

とろける口どけのポイントは程よい煮つめ具合
煮つめすぎると固いキャラメルになってしまいます。煮つめ具合を確認している間もどんどん煮つまっていくので火からおろして確認しましょう。

とにかく焦がさないように!鍋底に注意
焦がしてしまうと、なめらかなキャラメルにはなりません!常に鍋底を触り続けるつもりで、ゆっくり混ぜ続けるのが大切です。

イメージ
ただいまレッスン動画配信中!生キャラメルの作り方を動画で見る

基本の生キャラメルにはこれ!

オーム乳業ピュアクリーム48 200ml

生キャラメルを作るのに、絶対おすすめなのがこれ! ミルク風味が濃いことでプロの世界でも有名です。この生クリームを使うだけで、とろり濃厚な口どけと、リッチな風味の両方を実現できます。

【海外認定】ゲランドの塩(顆粒)125g

塩キャラメルはもともとフランス・ブルターニュ地方で、ゲランドの塩を使って作られていました。しょっぱいだけでなく、甘みさえも感じる深い味わいで極上の生キャラメルになるはずです。

寒天流12×15

ゼリーや羊かんづくりに限らず、生チョコや生キャラメルにも大活躍の寒天流!きっちり四角にできあがるのでカットもらくらくです。

シリコンプロクリーナー小

絶対に焦がしてはいけない生キャラメルづくりの強い味方。耐熱温度は200度、しなやかな作りで、鍋底にぴったりそってくれます。

防滴ペン型温度計

煮つめ具合の目安を正確に知ることができる温度計。タイミングを逃さないために、計った結果がすぐわかるデジタル式がおすすめです。

キャラメル用グラシン(ブラウン)50枚

生キャラメルづくりになくてはならない、グラシン紙。これで包めば、パティスリーのようなできあがりになります。



トップに戻る
次はバリエーション! メープル

桜香るお菓子&パンレシピ

桜香るお菓子&パンレシピ
簡単なのに見栄えする桜色レシピで、おいしく春気分を満喫しませんか?
桜の花や葉から桜あん、パウダーやリキュールなど、様々な桜素材を使ったレシピをご紹介します。

いまが旬!いちごスイーツ&パンレシピ

いまが旬!いちごスイーツ&パンレシピ
お手軽素材を使うから、はじめてさんでもチャレンジしやすい!
子どもから大人までみんな大好き!旬の「いちご」を使ったお菓子やパンで、春の手作りを楽しみせんか?

基本のジャムの作り方

基本のジャムの作り方
旬のフルーツのおいしさをぎゅっと閉じこめたとっておきのジャム。
基本レシピから煮沸消毒と脱気などの保存方法、砂糖の選び方、おすすめ材料などをご紹介します。フレッシュよりもおいしいジャムを楽しみましょう。

[→特集一覧を見る]

ページトップへ戻る