冬の焼き菓子フェア セールで最大30%OFF!

材料の保存に困ったらこちら!上手な保存方法

お菓子やパンづくりに欠かせない、さまざまな材料。一度封を切ったあとも、きちんと保存しておいしく使い切りたいですよね。「これってどうやって保存したらいいの?」「だいたいどれくらいまで食べられるの?」とお問い合わせの多かったものを一覧にまとめてみました。ご家庭での保存の参考にしてみてくださいね!

小麦粉

保存方法(開封前):冷暗所※「冷暗所」についてはこちら

ワンポイント
匂いや湿気を吸いやすいため、一旦開封したらきちんと密封して保存することが大切です。 また全粒粉や油脂分を含むミックス粉などは特に劣化が早いので、梅雨時期や暑い季節、暖房を効かせる季節には冷蔵庫の野菜室やドアポケットでの保存をおすすめします。

開封後はどうしたら?

密閉するのに便利な商品はこちら

密封できる容器に移し替えて保存することをおすすめします。
袋の口を輪ゴムなどで留めた状態で保存すると、虫の混入の恐れがありますのでご注意ください。
おいしくお召し上がりいただける期間の目安は2〜4ヶ月です。

バター・マーガリン

保存方法(開封前):冷蔵※「冷蔵」についてはこちら

ワンポイント
菌の温床となる不純物が混入しないよう、清潔なナイフを使ってカットしましょう。 匂い移りしやすい素材でもあるため、密封容器に保存するようにしてください。冷凍と解凍を何度も繰り返すことは避けてください。

開封後はどうしたら?
バターを長期保存したい場合は、冷凍保存が可能です。
小分けにして冷凍し、短期間で使う分だけを冷蔵保存しておけば便利です。冷凍する場合にもしっかりと密封しておくことが大切です。マーガリンは冷凍するとおいしさを損なうことがあるので冷蔵保存をおすすめします。
冷凍してから約2ヶ月がおいしくお召し上がりいただける期間の目安です。

チョコレート

保存方法(開封前):冷暗所※「冷暗所」についてはこちら

ワンポイント
チョコレートは急激な温度変化を嫌います。最適とされる保存温度は16〜18℃なので、涼しさを一定に保てる場所で保存するようにしましょう。

開封後はどうしたら?
チョコレートは風味が大事。他の食材の匂いが移らないよう、密封容器で保存することをおすすめします。特にクーベルチュールチョコレートは鮮度も風味に大きく影響します。
おいしくお召し上がりいただくためには、開封後1〜2ヶ月以内に使い切ることをおすすめします。

ドライフルーツ

保存方法(開封前):冷暗所※「冷暗所」についてはこちら

ワンポイント
基本的には保存の利く食材ですが、カビや虫の発生を防ぐためには密封して冷蔵庫に入れておけばより安心です。特に水気を多く含むセミドライタイプのドライフルーツは、冷蔵での保存をおすすめします。

開封後はどうしたら?
密封して冷蔵保存することをおすすめします。使用の際、残ったドライフルーツに水気がつくことのないように注意してください。製品によりますが、3〜6ヶ月がおいしくお召し上がりいただける期間の目安です。漬け込みフルーツにすればさらに長期保存が可能になるので、こちらもぜひお試しください。
※漬け込みフルーツの作り方はこちら(2007年「クリスマス特集」)

ナッツ

保存方法(開封前):冷暗所※「冷暗所」についてはこちら

ワンポイント
香ばしさと風味がナッツの魅力!新鮮な状態で使い切ることが何よりも大切です。温度が高くなると劣化しやすくなるため、暑い時期にはしっかりと密封して冷蔵庫のドアポケットなどで保存することをおすすめします。ピスタチオのように鮮やかな色を活かしたいナッツは、冷凍保存しておくと色あせを防ぐことができます。

開封後はどうしたら?
できるだけ早く使い切るようにしましょう。ナッツは油分を多く含むため酸化しやすいので、開封後はしっかりと密封した状態で、冷凍庫で保存することをおすすめします。2〜3ヶ月がおいしくお召し上がりいただける期間の目安です。特にナッツをひいて作るプードル類は、ホール状のものよりも酸化が進みやすいので、冷凍保存してお早めにお使いください。
ホール状のものは、使用する際に160〜180℃のオーブンで約10分ローストすると、香ばしさが楽しめます。

あんこ

保存方法(開封前):冷蔵※「冷蔵」についてはこちら

ワンポイント
あんこには大量のお砂糖が入っているため、基本的には長期保存が可能です。冷凍すればさらに長く保存することが可能ですが、冷凍と解凍を何度も繰り返すことは避けてください。

開封後はどうしたら?
カビの発生を防ぐため、水気や不純物が入らないようにしっかり密封して保存するようにしましょう。 小分けにして冷凍し、短期間で使う分だけを冷蔵保存しておけば便利です。
冷凍した場合、開封してから3ヶ月程度がおいしくお召し上がりいただける期間の目安です。

密閉保存に便利なアイテム

スナップウェアS
【500gサイズの袋に最適】
スナップウェア角型(S)
ドライフルーツやナッツ等は400〜500gがピッタリ入るサイズです。小麦粉類は500gが最適です。
スナップウェアM
【1kgサイズの袋に最適】
スナップウェア角型(M)
1kgの小麦粉やグラニュー糖を保存するのにピッタリのサイズです。
スナップウェアL
【2.5kgサイズの袋に最適】
スナップウェア角型(L)
8分目まで入れたところで軽く容器を台に打ちつけて隙間を埋めると、ぴったり2.5kgサイズが入ります。
Anylock(エニーロック)4号 3本セット
【300gサイズの袋をとめるのに最適】
Anylock(エニーロック)4号 3本セット
300gの袋の上部を端から端までカットした時には、このサイズがおすすめです。
Anylock(エニーロック)3号 3本セット
【500gサイズの袋をとめるのに最適】
Anylock(エニーロック)3号 3本セット
500gの袋の上部を端から端までカットした時にはこのサイズがおすすめです。
Anylock(エニーロック)2号 3本セット
【1kgサイズの袋をとめるのに最適】
Anylock(エニーロック)2号 3本セット
1kgの袋の上部を端から端までカットした時には、このサイズがおすすめです。
抗菌密封保存瓶1085ml
抗菌密封保存瓶1085ml
シンプルで使いやすく清潔感のあるガラス製キャニスターの1085mlタイプ。
抗菌密封保存瓶835ml
抗菌密封保存瓶835ml
シンプルで使いやすく清潔感のあるガラス製キャニスターの835mlタイプ。
抗菌密封保存瓶550ml
抗菌密封保存瓶550ml
シンプルで使いやすく清潔感のあるガラス製キャニスターの550mlタイプ。
ポリシーラー
ポリシーラー
レバーを軽く押さえるだけで丈夫なシールができる、作業性の高い卓上タイプ。
おうちで簡単!クリップシーラー
おうちで簡単!クリップシーラー
コンパクトながら、20センチ幅の袋までシールできる、クリップ式の家庭用シーラー。
シリカゲル100個
シリカゲル100個
無水けい酸を主成分とし、安全性がきわめて高い強力な包装用乾燥剤。
シリカゲル50個
シリカゲル50個
無水けい酸を主成分とし、安全性がきわめて高い強力な包装用乾燥剤。
ガス袋(マチ付)6×20cm10枚
ガス袋(マチ付)6×20cm10枚
パウンドケーキなどを入れるのに適した、空気を通さないガス袋。


※こちらはあくまでも目安となります。開封前の保存方法や賞味期限は商品に記載されておりますので必ず確認するようにしてください。


製菓・製パン材料の保存に関するQ&A

Q1.「常温で保存」って、どういう状態を指すの?

A1.「常温で保存」というのは、室温と同じ状態で保存してください、ということです。
日本工業規格では15℃から25℃と定められていますので、これが一般的な「常温保存」の温度の目安となるでしょう。
食材の場合は、特にそのような表示がなくとも直射日光は避けて保存するようにしましょう。

Q2.「冷暗所」って、どういう状態を指すの?

A2. 「冷暗所」とは一般的には、温度が低く一定に保たれる室内で直射日光の当たらない場所を指します。 この表示がある場合床下収納や流しの下で保存するご家庭が多いかと思いますが、住宅環境によっては湿気が多くなることが心配されます。除湿剤を使ったり、風通しを良くし湿気を避けられるように工夫しましょう。 また部屋の中にあっても、夏場や暖房をしっかりきかせる季節には注意が必要です。 季節によっては新聞紙などにくるんで冷蔵庫の野菜室やドアポケットに保存する方が一定の温度を保てますので、上手に活用するようにしましょう。

Q3.「冷蔵保存」って、どういう状態を指すの?

A3. 冷蔵庫で保存する状態で、10℃以下を保つことが必要になります。 乳製品や生イースト、あんやクリームなど生ものは冷蔵保存対象です。冷蔵庫で保存する場合に注意したいのは、「匂い」と「乾燥」。 他のたくさんの食材と一緒に保存することになるため、匂いの強いものをそばに置くと匂いが移ってしまうことがあります。 冷蔵保存する場合は容器に入れてしっかりと密封し、匂いが移るのを防ぎましょう。しっかりと密封することは乾燥を防ぐという点でもメリットがあります。

Q4.「冷凍保存」って、どういう状態を指すの?

A4. 冷凍庫で保存する状態で、マイナス18℃以下を保つことが必要になります。 冷凍フルーツや冷凍生地など、冷蔵でも劣化の著しいものが冷凍保存の対象となります。 保存の注意点は、冷蔵保存の場合と同じく「匂い」と「乾燥」。しっかりと密封して、匂い移りと乾燥を避けるようにしましょう。使う分量ずつに小分けにして冷凍保存しておくと、使用する際にとても便利です。


Q5.「密封」って、どういう状態を指すの?

A5.一旦封を開けた食材、「密封して保存してください。」なんてよく書いてありますが、密封とはどういう状態を指すのでしょう?辞書には「隙間のないように、ぴったりと封をすること」とあります。
例えば袋の口を輪ゴムで縛る、何度か折り返してテープで留める、こういった方法では「密封」とは言えません。
一番確実なのは「ポリシーラー」「クリップシーラー」などのシーラーを使用すること。その際、できるだけ空気を入れないように留めるようにしてください。シーラーがご自宅にない場合は、密封保存瓶などの保存容器に移して保存したり、市販されているジップ付きの袋をお使いいただくのがおすすめです。 しっかりと密封保存することで、食品の酸化や害虫の侵入を防ぐことができます。長くおいしくお召し上がりいただくために、それぞれのご家庭にあった上手な保存方法を見つけてくださいね。

伝えていきたいやさしい秋のおやつ

伝えていきたいやさしい秋のおやつ
小さい頃にお母さんが焼いてくれた思い出のアップルパイほか家族みんなで食べると心が温かくなるそんな代表的な秋のレシピをご紹介。

アイシングクッキーレッスン

アイシングクッキーレッスン
カラフルでかわいい、アイシングスイーツはプレゼントにぴったり!見て楽しい、食べておいしいアイシングスイーツの基本の作り方、アイシングカラーパレット、テクニックなどもご紹介します。

cuoca×chiyodaの焼型

cuoca×CHIYODAの焼型
焼型でお菓子の味が変わる!いつもの材料とレシピに魔法をかける、cuoca×CHIYODAのオリジナル型シリーズを使って、焼き菓子を作ってみませんか?熟練職人こだわりのラインナップをご紹介します。

[→クオカ特集一覧はこちら]



ページトップへ戻る