バレンタインレシピ一覧

レシピインデックスへ戻る

本格オペラ

難易度
4

印刷用レシピ

お菓子づくりの腕に覚えありのあなたには、パティシエレシピの本格オペラ!これができれば、トップパティシエの仲間入りです。ひとつひとつの工程をていねいに行うのがきれいに仕上げるコツです。

オペラ工程
オペラは4つのパーツをそれぞれ作り、組み立てていきます。

  1. パーツ1:コーヒー風味のジョコンド生地を作る
  2. パーツ2:キャラメル風味のバタークリームを作る
  3. パーツ3:キャラメル風味のガナッシュを作る
  4. コーヒーシロップを作る
  5. パーツ4:グラサージュ・ショコラを作る
  6. 組み立て

材料

【コーヒー風味のジョコンド生地】
cuocaオリジナルロールケーキ用天板1枚分

【キャラメル風味のバタークリーム】

【キャラメル風味のガナッシュ】

【コーヒーシロップを作る】

【グラサージュ・ショコラ】

本格オペラ写真

ラッピングアイディア

商品詳細を見る

ラッピング写真

オペラのシックなカラーとケーキボックスのカラーを合わせれば、高級感あふれるプレゼントになりますよ。

このレシピにおすすめの商品

キャラメルクリーム

キャラメルクリーム

コーヒーとチョコレートが基本のオペラをキャラメル風味に!これさえあれば、面倒なキャラメルづくりをせずに本格的なキャラメルテイストにアレンジできます。
480円(税込)

1. コーヒー風味のジョコンド生地を作る

【準備】

  1. 湯せんを用意する。
  2. 天板にベーキングペーパーを敷く。
  3. 粉砂糖、アーモンドプードル、薄力粉を合わせてふるっておく。
  4. インスタントコーヒーを分量のお湯で溶かしておく。
  5. オーブンを200℃に予熱しておく。

【作り方】

工程写真1

工程写真2

  1. ボウルに卵黄を入れてホイッパーで軽くほぐす。ふるっておいた粉類とお湯で溶かしたコーヒーを入れ、ホイッパーで白っぽくなるまで泡立てる。
  2. バターを湯せんにかけて溶かす。
  3. 別のボウルに卵白を入れ、グラニュー糖の分量のまず半分を加えて泡立てる。ふんわり泡立ってきたら残りのグラニュー糖を加えて、ゆるい角が立つまで泡立てる。
  4. 1に3のメレンゲの1/3を入れて、泡が見えなくなるまでホイッパーで混ぜ合わせる。
  5. 残りのメレンゲを加えて、生地とメレンゲが半分ぐらいなじむまでホイッパーで混ぜ合わせる。
  6. 5をゴムべらでひとすくい2の溶かしバター(熱い状態)に入れ、よく混ぜる。
  7. 6を5に加え、生地が均一になるまでゴムべらで混ぜる。
    ※メレンゲがつぶれないように、ボウルの底から生地をすくい上げるように混ぜてください。
  8. ベーキングペーパーを敷いた天板に生地を流し、スケッパーなどで平らに広げる。
  9. 200℃に予熱しておいたオーブンで12~15分焼く。
  10. ※生地にうっすらと焼き色が付き、触ると弾力が出てくるのが焼き上がりの目安。

2. キャラメル風味のバタークリームを作る

【準備】

  1. バターを常温に戻し、ボウルに入れてスプーンなどでマヨネーズぐらいの固さにしておく。
  2. キャラメルクリームを常温に戻しておく。

【作り方】
[イタリアンメレンゲを作る]

工程写真3

工程写真4

工程写真5

工程写真6

  1. 耐熱容器(コップ状のものが好ましい)に水とグラニュー糖を入れ混ぜる。600wの電子レンジに1分かけて、軽く混ぜてからさらに2分10秒かけていく。
    ※火傷の恐れがありますので、耐熱容器を素手で持たないでください。
    ※電子レンジが完全に冷えた状態で加熱を行ってください。
  2. 1をレンジにかけている時間が残り1分くらいになったら、ハンドミキサーで卵白を泡立て始める。
  3. 2のメレンゲが全体的に白っぽく泡立ってきたら、ハンドミキサーで泡立てながら1のシロップを少しずつ垂らし入れる。メレンゲのあら熱がとれるまで泡立て続ける。
    ※泡立てながらの作業になるため、シロップは誰か別の人に入れてもらうとスムーズです。
    ※熱いシロップが入るため、手作業での泡立てが難しくなります。ハンドミキサーの使用をおすすめします。
  4. 別のボウルで柔らかくしたバターをホイッパーでほぐし、キャラメルクリームと混ぜ合わせる。
  5. 4と3でできあがったイタリアンメレンゲをまず半分混ぜ合わせ、残りを加えてさらに混ぜ合わせる。
    ※バターが冷えてしまいキャラメルクリームと混ざりにくい時は、溶けない程度に軽く湯せんにあてて温めてください。

3. キャラメル風味のガナッシュを作る

【準備】

  1. 湯せんを用意する。

【作り方】

  1. チョコレートとキャラメルクリームを一緒にボウルに入れ、湯せんで溶かす。
  2. 小さな鍋で生クリームを沸騰させ、1に加えながらゴムべらで混ぜる。
  3. 使用する前に、とろみがつく程度の固さまで冷やす。

4. シロップを作る

【準備】

  1. お湯を沸かす。

【作り方】

  1. すべての材料をボウルに入れ、ホイッパーで溶けるまで混ぜ合わせる。
  2. 1のボウルを氷水に当てて、冷やしておく。
    ※お好みでラム酒を加えると、より一層おいしく仕上がります。

5. グラサージュ・ショコラを作る

【準備】

  1. ココアパウダーをふるっておく。
  2. ゼラチンを氷水にひたして、ふやかしておく。

【作り方】

工程写真7

  1. 小さな鍋に水とグラニュー糖を入れて沸騰させる。
  2. 火を止めてココアパウダーを加え、ホイッパーでダマがなくなるまでよく混ぜる。
  3. 生クリームを加えて混ぜる。
  4. 再度火にかけて沸騰させる。
    ※焦げつきやすいので、火にかけている間はゴムべらで絶えず混ぜ続けてください。
  5. 火を止め、あら熱がとれてから、しっかり水気を切ったゼラチンを加えて完全に溶けるまで よく混ぜる。
  6. ストレーナーでこし、乾燥しないようにラップを表面に密着させて冷ます。

6. 組み立てる

工程写真8

工程写真9

工程写真10

工程写真11

  1. 工程1で出来上がったあら熱のとれたジョコンド生地を1/4(正方形)になるようにカットする。
  2. 平らな板の上にジョコンド生地を1枚置き、刷毛でシロップを打つ。
    ※この生地がオペラの底になるため、シロップは表面が均一に湿るくらい打つ。
  3. キャラメル風味のガナッシュを1/4量生地にのせ、パレットナイフで平らに塗り、固まるまで冷蔵庫で30分程度冷やす。
  4. 3の上にキャラメル風味のバタークリームを1/4量のせ、パレットナイフで平らに塗る。
    ※バターが冷えてクリームが固くなってしまった場合は、溶けない程度に湯せんで軽く温め、よく混ぜて使用してください。
  5. ジョコンド生地を1枚乗せて、平らになるように生地を押さえ、刷毛でシロップを打つ。
    ※ジョコンド生地1枚につき、シロップの残り1/3量ずつをたっぷり打ちます。
  6. 3~5の作業を2回繰り返す。
  7. 3を繰り返してから上にラップをかけ、平たい板で上から押さえて表面を平らにする。
    ※ここで表面を平らにしておくと、仕上がりがきれいになります。
  8. 残りのキャラメル風味のバタークリームを塗り、完全に固まるまで冷蔵庫で1時間程度冷やす。
  9. 工程5で作ったグラサージュ・ショコラを湯せんで35℃まで温めて、8の表面にまんべんなくかけ、パレットナイフできれいにならす。
    ※バットの上に網をのせ、その上に8をのせて作業するとスムーズです。
    ※グラサージュが固まってきたら、もう触らないこと。パレットナイフでならすのは1,2回が限度です。
  10. 温めたナイフで四隅を切り落として、金箔などでデコレーションして仕上げる。
    コルネ(※別ページ参照)に入れたグラサージュ・ショコラでメッセージや模様を描くとさらに美しく仕上がります。

梅しごと 道具・保存瓶&レシピ

梅しごと 道具・保存瓶&レシピ
今年も梅の季節になりました。
旬のおいしい梅を手間ひまかけて漬けて、保存しながら味わいの変化を楽しむ昔ながらの知恵「梅しごと」。
自分好みに調整できるのも手作りだからこそ。今年も梅しごとを楽しみませんか?

パン作りの教科書 LESSON1 基本のプチパンの作り方

【パン作りの教科書 LESSON1】基本のプチパンの作り方
はじめてのパン作りに最適なプチパンのレシピを、5ステップで分かりやすく解説。
さらに、写真付きの詳しいレシピと、パン作りの基本やコツを学べる動画もご用意しました。

シフォンケーキの作り方 失敗しない、基本とコツ

シフォンケーキの作り方 失敗しない、基本とコツ
基本レシピのポイントをおさえながら、シフォンケーキ作り成功のコツを分かりやすくご紹介します。
初心者さんから、なかなか納得の仕上がりにならないとお悩みの方まで、シフォンケーキ作りをマスターしましょう!

[→特集一覧を見る]

ページトップへ戻る