バニラビーンズについて

バニラビーンスを使ったデザート/イメージ
バニラビーンスとは

アイスクリームやプリンに欠かせない、甘い「バニラ」の香りをつける材料として、すっかりおなじみの「バニラビーンズ」。プリンだけでなく、パウンドケーキやシフォンケーキなどの焼菓子や、紅茶、ミルクなど飲み物にも幅広く使われている、甘いスパイスです。ラン科の植物の一種で、さや状の果実であるバニラビーンズは、収穫されたばかりの状態では、ほとんど香りがありません。丁寧にゆっくり時間をかけて発酵させることにより、あの独特の甘い香りが生まれます。お菓子作りに使用するときは、黒くて細い棒状の「さや」の中に詰まっている小さな種(ビーンズ)を取り出して、使用します。プリンの生地に入っている小さな黒いつぶつぶの正体が、このバニラビーンズです。

バニラエッセンスとの違いは

一方、バニラエッセンスやオイル、バニラエキストラクトは、アルコールやオイルに、このバニラビーンズを漬け込み、香り高いエキスを抽出したものです。スーパーなどでも手に入りやすいエッセンスやオイルは、合成バニリンと呼ばれる人工的に作られたバニラの香りを付けたもので、お手頃な価格で販売されています。どれも使いやすい液体状で、保存もしやすく、手軽に使うことができますが、特にプリンやアイスクリームなど、本来のバニラの香りを求めるなら、やはりバニラビーンズそのものがおすすめ。プロのパティシエは、産地にこだわって品種を使い分けているというほど、お菓子の仕上がりに違いが出るスパイスなのです。

特 徴

バニラビーンズは、マダガスカル、インドネシア、タヒチ、メキシコなどが主な産地ですが、同じバニラでも産地により香りや特徴が大きく異なります。

マダガスカル産バニラビーンズ

世界のバニラビーンズ生産量80%を占めるブルボン系のバニラビーンズ。マイルドで甘く豊かな香りのこのバニラは、誰にでも好まれるやさしい風味をお菓子にまとわせます。

タヒチ産バニラビーンズ

豊かな甘い香りで、多くのパティシエに支持されている品種。生産量が少なく、希少価値の高いタヒチ種は、平たく太いさやと、アニスやムスクにも似た濃厚な香りが特徴です。

 
マダガスカル産バニラビーンズ
タヒチ産バニラビーンズ
1本あたりの重量
(目安)
約 4.5g
約 6g
相性の良いお菓子
(※)
  • カスタードやババロア、コンポートの風味付けに。
  • 素材の風味を邪魔することなく、バニラの香り付けができます。
  • ふんわりとおだやかな風味をつけたいときにおすすめ。
  • 冷たいバニラアイスや、キャラメルクリーム、ガナッシュなど。
  • 個性の強い素材との組み合わせにも、バニラの香りが負けません。
  • きりっと香りを引き立たせたいときにおすすめ。

※それぞれに相性の良いお菓子をご紹介していますが、どちらもお好みに合わせてあらゆるお菓子にお使いいただけます。

使用方法
a.
  • ナイフでバニラビーンズを縦に割き、ナイフの背などを使用して中の種をこそげ取ります。取った種はそのまま生地に加えて使います。
b.
  • さやごと(種を取ったものでもOK)牛乳に入れて加熱すると、牛乳にバニラの香りを煮出すことができます。お菓子作りの材料としてはもちろん、ハチミツや砂糖を混ぜて、ホットミルクとしてもお楽しみいただけます。
a.さやから種を取るb.牛乳に入れ煮出す
保存方法

直射日光・高温多湿を避け、冷暗所にて保存してください。長期保存の場合は冷凍することも可能です。冷蔵庫などで保存中に、表面に斑点が出ることがありますが、これはバニラの油成分が低温下で凝固したためです。また、細い針状の結晶がつくのは、バニラビーンズに含まれている成分(バニリン)です。どちらも体に害などはありませんので問題はありませんが、開封後は乾燥しないように密封して、早めに使い切ることをおすすめします。

使い終わったさやの活用法

バニラの種をこそげ取った後、煮出した後のさやにもいい香りは残っています。このさやを洗って十分に乾燥させれば、再びいろいろな物にバニラの香りを移すことができます。例えば、砂糖に入れておけば、バニラがふわっと香るバニラシュガーに。また、バニラと一緒に、お好みのドライフルーツを洋酒やシロップへ漬け込むだけで、甘くて優しい香りのする漬け込みフルーツが完成します。ホットミルクやミルクティを作るときに、牛乳と一緒にバニラの香りを煮出すのもおすすめです。

バニラシュガー漬け込みフルーツ

バニラビーンズを使ったスイーツ

バニラビーンズ+生地

生地にバニラの香りを付けて

カスタードプリンアイスクリームチーズケーキ
バニラビーンズ+クリーム

バニラの甘い香り漂うクリーム

カスタードクリームあんグレーズタイプのバタークリーム
生クリームの風味付けに
生クリームの
   風味付けに

生クリームにグラニュー糖を加えて泡立て、さらにバニラビーンズを加えて風味アップ!

梅しごと 道具・保存瓶&レシピ

梅しごと 道具・保存瓶&レシピ
今年も梅の季節になりました。
旬のおいしい梅を手間ひまかけて漬けて、保存しながら味わいの変化を楽しむ昔ながらの知恵「梅しごと」。
自分好みに調整できるのも手作りだからこそ。今年も梅しごとを楽しみませんか?

パン作りの教科書 LESSON1 基本のプチパンの作り方

【パン作りの教科書 LESSON1】基本のプチパンの作り方
はじめてのパン作りに最適なプチパンのレシピを、5ステップで分かりやすく解説。
さらに、写真付きの詳しいレシピと、パン作りの基本やコツを学べる動画もご用意しました。

シフォンケーキの作り方 失敗しない、基本とコツ

シフォンケーキの作り方 失敗しない、基本とコツ
基本レシピのポイントをおさえながら、シフォンケーキ作り成功のコツを分かりやすくご紹介します。
初心者さんから、なかなか納得の仕上がりにならないとお悩みの方まで、シフォンケーキ作りをマスターしましょう!

[→特集一覧を見る]

ページトップへ戻る