お買い物ガイド 会社情報 店舗一覧 お問い合わせ
合計5,000円(税込)以上で送料半額!8,000円(税込)以上で送料無料

ガレット・デ・ロワの楽しみ方

ガレット・デ・ロワの楽しみ方

近年、日本でも知られてきたガレット・デ・ロワは、フランスでは新年のお祝いに欠かせない伝統菓子です。
家族や仲間が集まる新年のパーティーで、ガレット・デ・ロワを囲んで楽しんでみませんか?

ガレット・デ・ロワとは?

ガレット・デ・ロワは、ベツレヘムを訪れた東方の三賢人によって、イエス・キリストが神の子として見い出されたエピファニー(公現祭)の日、1月6日に食べるというフランスの伝統菓子です。

ガレット・デ・ロワ 焼きたて

フランス北部はパイ生地とアーモンドクリームのガレット、南部はオレンジフラワーウォーターでブリオッシュ生地に風味をつけ、ドライフルーツやオレンジを飾ったリング状のものを食べるそうですが、最近ではガレットが主流になりつつあるようです。
アーモンドクリームのつまったパイというシンプルなお菓子ですが、エピファニーの頃になるとケーキ屋さんやパン屋さんではこのガレット・デ・ロワが山積みになり、みんな買い求めます。

ガレット・デ・ロワの楽しみ方

ガレット・デ・ロワの楽しみはフェーブ(空豆)が仕込まれていること。もともと乾燥した豆を使っていたのでそう呼ばれていますが、今では陶器製のかわいい人形が使われています。

ガレット・デ・ロワ フェーブ

切り分けたガレット・デ・ロワの中からこのフェーブが出てきた人は、王様(女王様)になれるのです。王様(女王様)になった人は王冠をかぶってその日一日みんなから祝福されます。家族や友達と集まって一年のはじまりにフェーブをめぐって大騒ぎ。フランスではこれを食べないと一年がはじまらないとまで言われるほどです。

ガレット・デ・ロワ レシピ

基本のガレット・デ・ロワ

基本のガレット・デ・ロワ

18cmのパイ皿で作る基本のレシピ。フレッシュバター風味たっぷりの冷凍パイシートを使うので、いちから作るよりずっとお手軽なのに、本格的な味わいです。

抹茶のガレット・デ・ロワ

抹茶のガレット・デ・ロワ

さくさくの折りパイ生地に入ったアーモンドクリームを抹茶風味にアレンジしました。
15cmの丸セルクルで作る少人数向けレシピなので、大きなホールはもてあましてしまう方におすすめです。

パイ生地から作るレシピ

フェーブコレクション

ページトップへ戻る