冬の焼き菓子フェア セールで最大30%OFF!

かわいいレシピを楽しく作れる!アイシングクッキーレッスン

  • クッキーを作る
  • アイシングを作る
  • 色を作る
  • コルネを作る
  • きほんの塗り方

クッキーのレシピを見るアイシングのベースとなるクッキーを焼きましょう。ここで注意するのは、生地を均一に伸ばして表面を平らにすること!こうすることで見た目だけでなく、焼けムラをなくし、おいしさもアップ!もちろんアイシングもきれいに仕上がります。

アイシングしやすいクッキーを作るお助けアイテム!

クッキー生地を
均一に伸ばしたい!

cuocaオリジナルアルミルーラー3mm

cuocaオリジナル
アルミルーラー
3mm・5mm

凸凹せずにサクサク
とした食感にしたい!

シルパンL

シルパンL


短時間で簡単に
クッキーを作りたい!

商品

cuoca
クッキーミックス
500g

クッキーを作る

理想の焼き上がり

アイシングは、粉糖と卵白などを混ぜ合わせることで手軽に作ることができます。アイシングの用途にあわせて、水で固さを調節しましょう。

用途や手軽さなど、アイシングの材料を決めよう

「食感」重視!扱いやすくサックリとした食感メレンゲパウダー

この商品を見る

白さ際立つ速乾タイプ
wiltonメレンゲパウダー

オススメアイテム
Wiltonメレンゲパウダー4oz(113.4g)
通常の乾燥卵白に加え、泡のきめを整え長持ちさせる効果のあるクリームタータが配合されているため、アイシングを作った場合には、伸びがよく安定したアイシングを作ることができます。

「味」重視!マットな仕上がりに!乾燥卵白

この商品を見る

マットな質感

卵白のみを乾燥させたナチュラルな素材。マットな質感と、アイシングそのもののおいしさを重視したい方に。

「お手軽」 水だけで簡単、少量ずつ作りたいアイシングシュガーパウダー

この商品を見る

ツヤ感あり

ちょっとだけ欲しい、簡単に作りたいならアイシングシュガーパウダーが断然おすすめ!質感はツヤがあり透明感のある仕上がりに。アイシングシュガーパウダーで作ったアイシングは、保存できませんので、作った分は使い切るようにしましょう。

アイシングを作る
アイシングのレシピを見る

アイシングの保存方法

アイシングに色をつけるときにおすすめなのが、Wilton社製のアイシングカラー。 ジェル状なので、水に溶かすことなくスムーズに使えて、少しの分量でも鮮やかに発色します。鮮やかで明るくぱっきりとした色味で、混色しても比較的にごりづらいのが特徴です。

色を付けやすく、発色もよいWilton社製がおすすめ

色を作る

上手な色の付け方&混色のポイント

上手な色の付け方&混色のポイント

色をつけるときは、つまようじの先にアイシングカラーをつけて、少しずつ様子を見ながら足していきましょう。一度にたくさんの色を作る場合は、プラスチックカップにアイシングを分けて入れてから作ると便利です。

Wilton アイシングカラー8色セット

Wilton アイシングカラー8色セット
カラフルに仕上げるためにたくさんの色を揃えたいアイシングカラー。でもそんなに大量には必要ない…という方におすすめの少量サイズの8色セット。アイシング初心者の方にもぴったり。

コルネのレシピを見るアイシングを絞り出すのに使うのがコルネ。コルネは細い線を描くのに必須です。OPPシートをくるっと丸めて作るのですが、作り方にはちょっとコツが必要です。

ケーキラッピング用OPPシート30×30cm 10枚

ケーキラッピング用OPPシート30×30cm 10枚
ケーキを包むのに使用するOPPシートが、アイシングのコルネを作るのに適しています。先端がつぶれにくく、アイシングが乾きにくいのではじめてさんでも扱いやすいのがポイントです。

素材いろいろ、個性にあわせたコルネ作り

すぐ使える!

コルネペーパー(5枚入)

コルネペーパー
(5枚入)

たくさん作れる!

ベーキングペーパー10枚

ベーキングペーパー
10枚

たくさん作れる!

OPPシート50cm×20m

OPPシート50cm×20m

コルネを作る

コルネの乾燥防止
コルネをそのままにしてしまうと固まってしまうので濡れ布巾かラップでくるんでおくこと!

アイシングが上手にできたら、クッキーにアイシングをしてみましょう。アイシングの固さや適した用途などきほんのポイントを知れば、色々なデコレーションにチャレンジすることができます!

持ち上げた時に、たらりとたれてツノがすぐ消えるくらいの固さ
持ち上げた時にツノが立ち、ゆっくりとおじぎするくらいの固さ
持ち上げた時にしっかりとツノが立ち、倒れないくらいの固さ

きほんの塗り方

アイシングを塗る基本の順番

中間のアイシングで縁取りをします。絞りながらコルネを少し持ち上げ、絞り出したアイシングをたらして置くようにしてラインを描いていきます。
縁取ったラインの内側に、スプーンなどで柔らかいアイシングを流し込みます。乾かないうちに、竹串などを使って細かいところまでしっかり広げます。
コルネを使って、上面に模様を描きます。完全に乾いてから中間のアイシングで描くか、乾く前に柔らかめのアイシングで描くかによって雰囲気が変わります。

伝えていきたいやさしい秋のおやつ

伝えていきたいやさしい秋のおやつ
小さい頃にお母さんが焼いてくれた思い出のアップルパイほか家族みんなで食べると心が温かくなるそんな代表的な秋のレシピをご紹介。

アイシングクッキーレッスン

アイシングクッキーレッスン
カラフルでかわいい、アイシングスイーツはプレゼントにぴったり!見て楽しい、食べておいしいアイシングスイーツの基本の作り方、アイシングカラーパレット、テクニックなどもご紹介します。

cuoca×chiyodaの焼型

cuoca×CHIYODAの焼型
焼型でお菓子の味が変わる!いつもの材料とレシピに魔法をかける、cuoca×CHIYODAのオリジナル型シリーズを使って、焼き菓子を作ってみませんか?熟練職人こだわりのラインナップをご紹介します。

[→クオカ特集一覧はこちら]



ページトップへ戻る