お買い物ガイド 会社情報 店舗一覧 お問い合わせ
お買い物金額合計8,000円(税込)以上で送料無料

クオカの逸品タイコバン!

世界中のプロフェッショナルから支持されるチョコレート 〜VALRHONA社のチョコレート〜

VALRHONA社のチョコレート「VALRHONA(ヴァローナ)社のチョコレートを食べたことがない」という方でも、町のパティスリーやショコラティエで「ジヴァラ」や「グアナラ」「マンジャリ」などと名付けられたお菓子を食べたことがあるのではないでしょうか。それらはすべて、VALRHONA社のクーベルチュール・チョコレートの商品名。そのチョコレートを使用したケーキに、同じ名前をつけてしまいたくなるほどに、VALRHONAのチョコレートは、他にない風味を持っています。
お菓子作りにおいて主役になるチョコレート。それが「VALRHONA社のチョコレート」なのです。

伝統と革新のVALRHONAチョコレート

VALRHONA社のチョコレートVALRHONA社は、フランスでも美食の都市として知られるリヨンの南80kmにある、タン・エルミタージュという町で1922年に産声をあげました。
現在は、プロ向けの製品を中心に作っているVALRHONA社ですが、最初はたった一人の職人が始めた小さなショコラトリーでした。

その職人の名はアルベリック・ギロネ氏。
彼は、既存のチョコレートの味に満足することなく、自分の求めるお菓子を表現するために 原材料のカカオ豆の品質を追求。チョコレート作りに生涯の情熱を傾けたのです。 この、創業者の真摯な姿勢とチョコレートへの思い、職人気質は、VALRHONA社がプロ向けのメーカーとなった今でも「伝統」として受け継がれています。

VALRHONA社のチョコレート たとえば、原料のカカオ豆。世界20カ国の契約農園をもち、現地の人々との協力関係を築くことにより、高品質のものを安定的に入手しています。カカオの焙煎方法においては、産地や気候などによって異なるカカオ豆の持ち味を最大限に生かすため、今ではあまり使われなくなった熱風式ロースターを使用しています。効率的なベルトコンベア式のロースターを使用するメーカーが多い中、伝統的な方法を守り続けるのは、小ロットずつ、適正な温度や時間を見極め、ていねいに作業するため。そのため、それぞれのカカオがもつ特有の香りと風味が最大限に引き出されるのです。

伝統を重んじる一方で、VALRHONA社は「革新」のメーカーでもあります。

VALRHONA社のチョコレートカカオ分50%程度のチョコレートが主流だった80年代後半に誕生した、カカオ分70%のチョコレート「グアナラ」は、大きな驚きを持ってプロフェッショナル達に賞賛されました。「グアナラ」の誕生以降、世の中で「ハイカカオ」のチョコレートが作られるようになったのです。また、自社農園を開き、カカオ豆の産地や農園を限定したシリーズを生み出したのも、他メーカーに先駆けたもの。2009年にプロフェッショナルのニーズに応えて作られた「P125」は、カカオ分125%に匹敵する風味を持つ革命的な製品。チョコレートのエキスパートであるVALRHONA社が世界初の技術をもって作り上げたものです。このように、チョコレートの歴史に刻まれる製品を生み出し続けているのがVALRHONA社なのです。

ひとくちで違いがわかるチョコレート

VALRHONA社のチョコレート 私自身、VALRHONAのチョコレートを知ったのは、アルバイトとして入社したばかりのパティスリーの厨房でした。「これ、刻んどいて」と先輩に渡された、3kgのエキストラビターが、初めてのVALRHONAチョコレートとの出会いでした。渡されたチョコレートの袋を開けると、まるでフルーツのような香りにまず驚きました。食べさせてもらうと、口の中にチョコレートとは思えない、アプリコットのような爽やかな香りが漂い、酸味とほろ苦さとともにすーっと溶けてなくなりました。お菓子が好きとはいえ、チョコレートの違いはスイートかミルクかホワイトくらいしかわからなかったその頃の私には、衝撃の香りと味わい。 ひとくちで、チョコレートの世界の扉が開きました。

VALRHONA社のチョコレート VALRHONA社のチョコレートには、圧倒的な存在感があります。 たとえば、カカオ豆の産地として、日本で圧倒的に知られているガーナ産カカオ豆を使用した「ニアンボ」。日本のカカオ豆輸入量で常に首位を維持し、多数のお菓子の原料としても使用されているため、ガーナ産カカオ豆を使用したチョコレートは日本人になじみ深い風味に仕上がります。なじみ深いと言えば聞こえは良いのですが、どこか特徴のないぼんやりした風味のチョコレートになることも。 そんなガーナ産カカオ豆もVALRHONA社にかかれば、洗練のチョコレートに。ガーナ産カカオらしいまろやかさもありつつ、繊細な酸味とスパイスの香りで、カカオ豆の風味が凝縮されすべてがバランスよく調和しています。ひとくち食べて「さすが!」と思わせてくれる味に感じ入りました。
VALRHONAのもつ存在感は、チョコレートそのものだけではなく、 パッケージや世界各地で行われるデモンストレーション、オリジナルの美しい道具類にも、共通しています。

VALRHONA社のチョコレートVALRHONAチョコレートは、いつものお菓子をスペシャルなお菓子に変身させるパワーを持っています。 これから訪れる、バレンタインには、ちょっと奮発してVALRHONAのチョコレートを使ったお菓子を贈ってみては。 VALRHONA社のチョコレートに、愛情がプラスされたお菓子なら必ず思いが伝わるはずです。



【書いた人:マーケティング部 松本岳子】

まだあります!タイコバン商品一覧

vijayアルフォンソマンゴーピューレ2号缶

おいしいマンゴーを簡単に思う存分楽しむ!

こだわりマンゴー缶の秘密とおいしい食べ方をご紹介。
国産本わらび粉

わらび粉100%のわらび餅って黒いんです

いわゆる普通のわらび餅との違いは、もはや一目瞭然。
ダブルアクションホイッパー30cm

メイドインジャパンの優秀ホイッパー

秘密は「24本のワイヤー」と「ワイヤーボール」にあります。
WENGERスナックナイフ

なくても大丈夫だけど、あると「超」便利

お手頃価格で手に入る一生ものの小型ナイフ
【有機JAS】三年番茶ティーバッグ30袋

おいしい、お手頃、体に優しい

三年番茶は、通常の番茶とは製法も特徴も違うのをご存知でしょうか?
【海外認定】ゲランドの塩

いつものメニューが変わります

塩なんて、少ししか使わないからそう変わらないと思うでしょ?
ポリシーラー

本当はプロが使うものです

パティスリーみたいに保存、ラッピングできる…だけじゃありません。
谷田製餡

クオカの隠れロングセラー

おいしいあんこを作っているのは徳島の小さな製餡会社でした。
タヒニペースト

アレンジ自在の絶品ごまペースト

ごま和え、棒棒鶏、サンドイッチに担々麺…
白玉粉

白玉粉の実力

白玉粉をかえたら白玉がかわった
カスタニエとカスタンバ

ヨーロッパを体験できる、栗の食べ比べ

世界のおいしい「栗」をご紹介!『カスタニエ』と『カスタンバ』
オーム乳業の生クリーム

オーム乳業の生クリーム

これを使うだけで パティスリーの味に。ミルクそのもののような生クリーム!

トップに戻る▲

桜香るお菓子&パンレシピ

桜香るお菓子&パンレシピ
簡単なのに見栄えする桜色レシピで、おいしく春気分を満喫しませんか?
桜の花や葉から桜あん、パウダーやリキュールなど、様々な桜素材を使ったレシピをご紹介します。

いまが旬!いちごスイーツ&パンレシピ

いまが旬!いちごスイーツ&パンレシピ
お手軽素材を使うから、はじめてさんでもチャレンジしやすい!
子どもから大人までみんな大好き!旬の「いちご」を使ったお菓子やパンで、春の手作りを楽しみせんか?

基本のジャムの作り方

基本のジャムの作り方
旬のフルーツのおいしさをぎゅっと閉じこめたとっておきのジャム。
基本レシピから煮沸消毒と脱気などの保存方法、砂糖の選び方、おすすめ材料などをご紹介します。フレッシュよりもおいしいジャムを楽しみましょう。

[→特集一覧を見る]

ページトップへ戻る