お買い物ガイド 会社情報 店舗一覧 お問い合わせ
合計5,000円(税込)以上で送料半額!8,000円(税込)以上で送料無料

cuoca×レタスクラブ このたび「図書館選定図書」に選ばれました!

コツを知ってるcuocaのレシピ

「お菓子作り 大成功!」

cuocaオリジナルレシピ集

2008年10月に発売されたパンのレシピ本に続いて、お菓子のレシピ本が登場!クオカのお客様の声、そしてレタスクラブさんの読者アンケートをもとにして作られたこちらの本。どうしたらお菓子作りがもっと上手になるの?の疑問・質問の声に答えるべく、コツをぎゅっと詰め込みました。「もっとおいしいお菓子が家で作れたらいいのに」という方にぜひ手に取っていただきたい一冊です!

クオカショップ各店、
及び全国有名書店にて発売中!

価格:1300円(税込)
発行:角川SSコミュニケーションズ

お菓子作りにチャレンジしても、完成度がイマイチ そんな方におすすめの一冊です!

ポイント1 Cause of failure なぜ失敗するの?どこを守れば成功する?そのわけもしっかり伝授します

お菓子を作る手順によくでてくる「切るように混ぜる」という説明や、「バターを常温に戻す」という言い回し。うっかり読み飛ばしたり、省いてしまったりしていませんか?実は「室温に戻す」も「切るように」にも、成功するためのわけがあるんです。なぜ?の理由もきっちり写真つきで説明されているから、この本を読めばこれまでの悲しい失敗体験も「成功!」に変わること間違いなしです。

ポイント2 About the recipe 基本のレシピは親切丁寧に解説。アレンジレシピは、おしゃれで斬新!

みんなが大好きな基本のレシピは、プロセスカットで丁寧かつ詳細に説明しています。これまで何気なく作っていたマフィンやスコーンなどのベーシックなお菓子も、ワンランク上の仕上がりになるコツがしっかり載っていますよ。

基本レシピをマスターしたら、次はアレンジレシピにもチャレンジを!お店に並んでいそうな、「これが家で作れるなんて!」と達成感もひとしおのおしゃれなお菓子の数々も収録。

ポイント3 About the material お菓子の材料や道具って、たくさんあり過ぎてよくわからない。そんな疑問も解決!

小麦粉に砂糖、それにバターや生クリームにゼラチンも。お菓子作りって、いろいろな材料が登場しますよね。いくつも種類がお店に並んでいるけど、どうやって選べばいいの?何が違うの?たくさん寄せられている質問にお答えします。

製菓道具についても、材料と同じようにコラムで詳しく解説しているので、もう道具選びでは迷いません!

レシピの内容と、収録コラムをご紹介します

レシピの内容

  • スポンジケーキ
  • シフォンケーキ
  • プリン
  • ムース
  • パウンドケーキ
  • マドレーヌ
  • スコーン
  • マフィン
  • チーズケーキ
  • シュークリーム
  • クッキー
  • タルト

収録コラム

  • クオカからの提案-1
    おいしいお菓子のための泡立て方と混ぜ方
  • クオカからの提案-2
    違いを知って使いこなしたい
    お菓子作りの材料
  • クオカの提案-3
    知っているようで知らなかった
    お菓子のギモンに答えます!
  • クオカの提案-4
    仕上がりに差がつくお菓子作りの道具たち

ご購入はこちら

クオカスタッフ 制作秘話


  • 本の制作が始動したのは初夏。レタスクラブ編集部のNさん、そしてライターのNさんとクオカ菓子エキスパートの数名とで「どんな本にする?」の打ち合わせから始まりました。双方でやり取りを重ねて、ようやくレシピが出そろったのは暑い8月。撮影に向けてメーカーさんのご協力をいただき、プロ用のキッチンを拝借して仕込みをしました。立派な業務用キッチンがゴーゴーと燃え盛る熱気の中、スタッフは首にタオルをまいて汗をふきつつ、キッチンを走り回って次々とお菓子を焼き上げていきます。

  • 焼き上がったお菓子を携えて、神保町にあるレタスクラブさんのスタジオにお邪魔して数日間にわたる撮影がスタートしました。スタイリストさんが選んでくれた食器や箱がまた素敵なこと・・・写真として切り取られたお菓子が、ひときわ輝いて見えるのはまさにマジック!シャッターが切られていく傍らで、せっせと次のお菓子も仕込んでいきます。カット数が多い分、連夜11時をまわるまでかかった撮影。肉体的にはきつかった現場ですが、たくさん大笑いして、そして皆でランチや夜食でエネルギーをチャージしながらの毎日は、とても熱くて濃~い日々でした。

  • 写真に写っているのは撮影のチェック表です。撮り終わったお菓子のポラを次々と貼り、あとは「試食タイム!」とばかりに皆でわいわい言いながら味見しました。写真におさめられた後も、「うーん・・・もうちょっとさくっとした食感にしたいよね。」「作りやすい分量にならないかな」などともっと良いレシピに仕上げるための調整は続きます。砂糖のグラム数ひとつとっても、スタッフの魂がこもった今回のレシピ本。初心者さんにも、お菓子作りのベテランさんにも手に取っていただきたい一冊です!

パン作りのこと、いちばん知ってるお店のレシピ65 「今日は何のパン作る?」 cuocaオリジナルレシピ

パン好きの方にはこちら。
クオカのパンのレシピ本も合わせてどうぞ!

詳しくはこちら

ページトップへ戻る