秋のペースト作り

秋が近づいてくる一方で、まだまだ残暑が厳しい日々が続きますが、ごはんもおやつも少しずつ秋らしいものが恋しくなってきます。
秋は、さつまいも、栗、きのこ、じゃがいも、米などなど、おいしいものがたくさんあるので、買いものに行くたびに秋の食材を見つけてわくわくしています。

先日買い物をした八百屋さんのお話では、ここ数年は暑さが長引いて9月も暑いので、夏野菜がまだ豊富にあるんですよ、とおっしゃっていました。きゅうりやトマトなども、おいしくいただけるそうです。
我が家でもまだまだ、夏野菜料理が続いています。
冬瓜の梅煮、トマトと春雨のサラダ、鯵の酢締などなど。

暑い日が続くと身体を冷やしてくれる野菜が食べたくなったり、でも冷えすぎると身体を温めてくれる根菜が食べたくなったりと、季節の野菜は身体の調子を整えてくれるので上手に取り入れたいですね。

8月のあたまに、クオカショップ自由が丘で、スイカシロップとわらび餅のワークショップを行いました。

どちらも夏らしいおやつなのですが、わらびもちはこの夏よく作りました。

子どもが夏休みの間はおやつを食べる機会も増えるので、できるだけナチュラルで手作りのものを食べさせたいと思いながらおやつを考えているのですが、わらび餅は子どももとても大好きなおやつになりました。

一番シンプルにきなこと黒蜜で食べたり、抹茶をまぶしたり、ぶどうや桃と一緒に食べたりして楽しみながら食べていました。

まだまだ、暑い日が続きそうなので、わらびもちの登場が続きそうです。

さて、9月22日と23日、今よりももう少し涼しくなっている頃だと思いますが、 「京王閣」にて、パンフェスティバルが開かれます。

全国のおいしいパン屋さんが一同に集まるパンのフェスティバルで、ワークショップをさせていただく事になりました。

23日に、参加者のみなさんとご一緒に、おいしいパンにあうペーストを作ります。新豆が登場する時期なので、大豆を使った中東でよく食べられるフムスのようなレシピをご紹介します。今回は、すり鉢を使って作ってみたいと思っています。
そしてもうひとつ、簡単な甘いイチジクペーストも作ります。

最後には、みなさんに美味しいパンと一緒に味見をしていただきますので、ぜひ遊びに来てください。

詳しくは http://breadfestival.jp/まで。

わらび粉(並)200g
使いやすくなめらかなわらび粉です。 わらびもちはすぐにできるので、我が家では常備して 日々のおやつに大活躍しています。
ワタナベマキ(サルビア給食室)料理家。旬の食材をいかした野菜たっぷりの料理や保存食、乾物料理などが得意。忙しい毎日でも、美味しく、愛情を込めたレシピを提案している。最新刊に「サルビア給食室の園児のお弁当」(文化出版局)、その他「サルビア給食室の ワンプレートごはん」(主婦の友社)、「サルビア給食室のとびきりかんたん和のおやつ」(マイナビ)など多数。

ホームページ
http://www.watanabemaki.com/
ワタナベマキさん関連商品

ページトップへ戻る