かわいさ120%UP!転写シートでチョコ大変身

昨年からちょっとしたブームになりつつある転写シート。
テンパリングしたチョコレートにのせてシールのようにはがすだけで、チョコレートに美しい模様がつくデコレーション用のシートのことです。

うまくできれば、パティスリー、ショコラトリーのような素敵なチョコレートに。

…ということで、今回初めて使ってみました。

作ったのは、バレンタインの人気レシピ「ボンボン・ショコラ」と「オランジェット」です。

まずはボンボンショコラから。(レシピはボンボン・ショコラを参照)

ボンボンショコラ1

ガナッシュ(生チョコ)を作り、冷蔵庫でしっかり固めて、ひとくちサイズにカット。
コーティング用のチョコレートにくぐらせます。

トリュフフォーク

今回は普通のフォークを使って作ったのですが、余分なチョコレートをうまく落とすには、やはり写真のようなトリュフフォーク(これは3本タイプです)があった方がよかったです。(反省)せっかく四角にカットしたチョコが四角ではなくなってしまったのが残念…

ボンボンショコラ4

チョコレートにくぐらせたら、間髪入れずに空気を入れないようにカットした転写シートを貼ります。ここは本当にすぐやらないとうまくはがれませんので、ご注意を!!

また裏表も間違えるとはりつきませんので、あらかじめわかるようにおいておくことをおすすめします!

初めての方は動画を見るとわかりやすいですよ。

冷え固まったらはがします。形はイマイチですが、うまく転写できました。

ボンボンショコラ3

できあがったものをトリュフボックスに入れたら…

ボンボンショコララッピング

お店のものに近くなりました!

続いて、オランジェットにも転写シートを使ってみます。レシピはこちら

オランジェットチョコづけ

バレンシアサークルオレンジのシロップをきり、チョコレートをつける部分にふるったココアパウダーをまぶして、余分なココアを落としたらテンパリングしたチョコレートにつけます。

オランジェット2

こちらもボンボン・ショコラと同様にすぐにカットしておいた転写シートを空気が入らないよう貼ります。

オランジェット3

常温で固まったら、そっとはがして完成です!
(右のものは空気が入ってしまいました…みなさんはこうならないよう気をつけてくださいね)

IMGP6128 

おめかしされたオランジェット。そのままよりずっとかわいくなりました!

生チョコケースなどボックスに入れてプレゼントすれば女性に喜ばれること間違いなしですよ♪

103495_14_XL

今回はじめて使ってみましたが、上手にできると楽しくて、なんにでも転写シートで模様づけしたくなりました。ちょっと多めに作れば、最後には作業に慣れて満足のチョコレートができるかと思います。

チョコレートを大変身させる転写シートはこちら。お気に入りのデザインでぜひ試してみてくださいね!