パンにお菓子に大活躍!桜あんは乳製品との相性が抜群です!

vol3 極上桜あん

こんにちは、制作チームの斉藤です。

この季節になると、私の中で食べたくなるもの第1位は「極上桜あん」。
期間限定の販売で、毎年大人気の商品です。

極上桜あん

少しスプーンにとって口に含むと、ほのかな塩味とひかえめな甘さの中に
ゆたかな桜の香りがふんわりとひろがります。

そんな桜あんについて、たまに「500gも使い切れない!」という声が届きます。
・・・本当ですか!!??

私、逆に足りなくて困っちゃいます!
だって、本当に何にでも使えるんです!
パンに塗ってもおいしいし、お菓子に入れてもおいしい。

塩味があるせいか、単なる和菓子材料というくくりではないように思います。
「万能ピンクあん」っていう名前でもいいのではないでしょうか!

sakura_vol3_01

なかでも私がおすすめしたいのは、乳製品とあわせること!
まったりしてミルキーな味わいのバターやクリームチーズと一緒にすると
塩味と乳感が相乗し、ワンランク上の味わいになります。
一説によると、あん粒子が乳脂肪と混ざり合うことでコクが出るそうですよ。

お弁当やしっかりしたおやつに桜ベーグル!

例えば桜あんのベーグルなんていかがでしょう。

sakura_vol3_04

ゆめちからで作るベーグルに桜の花を乗せて焼き上げ、
桜あんとクリームチーズをお好きな配合で混ぜ、ディップすればできあがり!

参考レシピ:ゆきちからのベーグル

桜あんとクリームチーズを混ぜる
桜クリームチーズ

 

私は、50:50くらいの割合が桜あんを感じられておすすめです。
見た目も華やかで、お花見のお弁当としてもぴったりですよ。

家でもかんたん!桜の生どら焼き

ホットケーキミックスがあればどら焼きがかんたんに作れます。

参考レシピ:桜の洋風生どら焼き

sakura_vol3_05

泡立てた生クリーム(低脂肪タイプだとサッパリします)に、
少量の桜あんを加え、どら焼き生地に挟みます。

この時、プレーンの桜あんと一緒に挟むことでさらにリッチな味わいに!
あっさりとした塩味なので、あんこが苦手なお子様にもぴったりですよ。

使い方は無限大!

カフェラテを作る
桜ラテ

 

他にもコーヒーにミルクと一緒に混ぜて桜ラテにしたり
アイスクリームとあわせてみたり
ヨーグルトといっしょにグラノーラにかけてみたり
マヨネーズとあわせてポテトにかけてみたり・・・

ここに書ききれないくらい用途いろいろです。
ぜひ、あなただけのオリジナルレシピを見つけてみてくださいね!

今回使用した商品

極上桜あん500g
極上桜あん500g
まるで桜もちのような、甘味と塩味が上品な季節限定のあんこです。パンや和菓子の生地からのぞく桜色は、春の訪れを感じさせてくれます。